引越し手続きと準備は、1ヶ月前から計画的にやっておこう!

引越しが決まったら、1ヶ月前から引越し手続きと準備を漏れなくやる事が必要です。
又、引越し日を早めに決める事で、引越し業者の手配もスムーズに出来るはずです。

 

年末年始を初め、特に引越しの需要が高まるのが、4月からの新社会人や学生の新入学などに伴う3月の引越しシーズンですね。

この時期はハイシーズンという事で引越し料金も高騰しますし、引越しをお願いする業者を見付ける事自体に大変苦労するでしょう。

 

よって、一番最初にやらなければならない事は、

 

引越し日を確定する事

引越し業者を手配する事(特に重要

 

です。これだけは出来れば1ヶ月前には済ませておきたいですね。

 

又、引越し業者を見付ける為には、引越し業者から見積もりを入手して検討する必要が有ります。引越し業者の見積もりは、必ず最低2〜3社から貰うようにして下さい。インターネットの無料一括見積もりサービスを利用すれば、簡単に入手する事が出来ます。

 

引っ越し手続きと準備では、

 

200社以上の引越し業者から最大10社へ無料で一括見積もり

 

が可能な、「ズバット引越し比較」をお勧めしています。

 

 

引越し日が決まってなくても、引越し希望日を未定にした状態で見積もりを取る事が可能ですので、先に見積もりを入手し、引越し業者の絞込みを遣っておく事で、価格交渉等もスムーズに進められます。

 

引越し直前になって手配しようとしても、

 

引越し業者が見つからなかったり、見つかったけど高額な金額を見積もられた、なんて事もありますので、

 

引越し業者は出来るだけ早めに決めてしまいましょう!

 

それ以外にも、引越し手続きと準備しておくべき作業が沢山ありますので、詳細は下のメニューよりご覧下さい。
引越し手続きは、早めにやっておく事で漏れもなくなりますし、引越し費用を削減する事にも繋がりますので、計画的にやっておきましょう!

 

《 ズバット引越し比較 》カンタン1分で最適な引越し業者が見つかる♪

最悪の引越し

 

私は引越しの経験が多くあります。
小学生までに4回、見知らぬ土地に転居しました。
中・高と落ち着いていたのですが、卒業後は12回ほど、見知らぬ土地に転居しています。
そのたびに引越しとなるのですが、そのつど家族全員が動くのですから、ものすごい量の荷物が動くので業者に任せないとどうにもなりません。
だいたいどの業者も、一生懸命やっていただくので、あまりトラブルになったことはないのですが、ひとつたけ最悪な引越しがありました。
その時はめずらしく居住していた土地から車で30分ほど、見知らぬ土地ではありますが、近所に転居しました。
引越し業者も複数の見積もりを行い、当時関東に進出してきて間もない「赤井秀和」が宣伝している業者に依頼することになりました。
品の良い、関西なまりのスーツ姿の若い営業マンが二人、懇切丁寧な対応で引越し手順を確認していき好感のもてる対応で、
家族ともども良い業者にお願いしたと安心しました。
しかし、家族の中で1人、ネットで引越しトラブルの事例を見て心配していており、最後の最後に何度も
「担当の係員は当日は我が家の引越し以外、掛け持ちをさせないよう、やっつけ仕事にならないようお願いします。例え多少上乗せ料金が発生しても構いません。」
と強くの念を押していました。
すると営業マンは
「もちろんそんないい加減なことはいたしません。◎◎さんのお宅の引越しだけに集中させていただきます」
との回答にますます好感をもち安心しました。
ところが、当日10時開始の引越し時間になっても業者が到着しません。

12時過ぎに到着した係員に軽く
「他所の引越しが手間取ったんですかね〜」
と誘い水をすると
「いやぁ〜8時からの引越しが手間取ってしまって〜」
と軽く返され唖然としてしまいました。
気を取り直して引越しを開始しましたが、当時臨月の家族がいたので高価ならくらくパックを頼んだものの、埒が明かない。
結局、臨月の家族も総出で業者の荷造りを手伝うはめになりました。
たかだか車で30分の距離の引越しが終了したのは夕方の7時前・・・・当初予定は5時。
らくらくパックだからかんたんな夕食くらい終了後に出来るだろうと予定していましたが、夕食の支度もままらない時間でした。
引越し業者が帰路ににつき、家族がみならくらくパックのはずなのにくたびれはて、かい出した惣菜で夕食をすまし、9時すぎ就寝しようと思ったら、布団がない・・・・・。
布団はすべて旧宅に置き忘れてきていました。
あわてて業者に連絡をし、帰路より旧宅にとりに戻ってもらい10時すぎに布団を運び直してもらいました。
ついでに置き忘れてきたというシーリングライトとベランダに置き忘れていたという物干し竿。
それらをもうしわなさそうに見せた瞬間・・・・
そのシーリングライトは業者の手から滑り落ち、玄関先で粉々に壊れてしまいました。
そこから、新居の玄関のガラスの破片掃除が始まりました。

私たち家族の怒りがマックスであったのはいうまでもありません。
しかし、その後二度とその業者は謝罪はおろか、連絡をよこすこともなくうやむやにしてしまいました。
こちらから苦情を申し立てても「担当者から連絡をさせます」との繰り返しで連絡が来ることもありません。
それ以来、営業マンを信用せず、契約書に取り交わした文言をすべて注記させるようになったのは言うまでもありません。
今でもCMを見るたびに気分の悪い思いをしています。

 

引っ越した時の敷金ってどうなるの?

 

引越しというと、新しい物件の方に目は行きがちですが、
いままで住んでいた物件についても知っておくといいですよ。

 

今では、敷金礼金がない物件もありますが、
入居している物件が敷金を払っていた場合、その知識いかんで損をします。
これは、私が体験をした実例です。

 

3年間、私が住んでいた家は、新築から3年を借りていました。
つまり、今まで別の人が住んでいたわけではないので、
おそらく破損状態が認められれば、敷金以上のお金を請求されるのです。
煙草を吸うこともなく、ただ寝るために帰っていたような家だったので、
ほとんど破損していないと思いますが、どうしても年数がたっているために、
壁紙などは黄ばんで来ているような気がしました。

 

そこで、引越し確認の時に覚えておきたいのが、「経年劣化は状態復帰を求められない」ということです。
誰が住んでいても、住んでいなくても経年劣化はおこるもの。
だから、それを、住人が引越す際に、それぞれが負担する必要はないのです。
これを知っておくと知らないでは大きな違いがでます。
それは、引越し確認の立会に来る人が、相手の無知を狙うからです。

 

私の場合は、ひとしきり部屋全体を確認し終わった後、
「壁紙は痛んでいるので、すべて張り替える必要があります。敷金で賄わせていただきます」
と言われました。
ちょっと待って。特別な汚れが無ければ、壁紙は変える必要がないものであり、
経年劣化は仕方のない物として、保障する必要がないはず、という事を伝えると。
「よくご存じですね」だって。
結局、敷金はすべて返ってきました。

 

つまり、知らなければそのまま敷金は返却されないということです。
引越しをする時には、何かとお金がかかります。
前の物件の敷金が少しでも返ってくるのは嬉しいですよね。
ぜひ、覚えておくといいと思います。